Meganedia

ライターのブログ

結局、問題は自分自身の中にあるんだなぁの話

「逃げるが勝ち」を都合よく解釈していた20代

嫌なことから逃げ続けて数十年。嫌なことがあったらまず逃げるという、完璧なまでの逃げクセが体に染み付いているゴミ人間な私は、これまでずっと楽をして生きてきたと思う。

というか、自分が逃げていることにすら気づいていなかった。むしろ、常識人とさえ思っていた。

そんな私が「このままだと本当にやばい」と自分のクズさを自覚し危機感を持てるようになったのは、ある人との出会いがあったから。

話すと長くなるので割愛するけど、親戚からも親からも見放されているゴミ人間な私を拾って、厳しくしてくれるその人に対しては感謝しかない。私にとって、この世で一番大切なかけがえのない存在なんです。

嫌なことは考えない

「◯◯さんなら、こんなこと当たり前にできる」と誰かと比較されることが、嫌で嫌で仕方がなくめちゃくちゃストレスだった。

普通なら、そう言われたら「だったら負けないように頑張ろう」と前向きな姿勢に切り替えて頑張るものだと思う。

けど、現実から目を背け、頑張ること、努力すること、考えることを完全に放棄していた私は、「だったらきちんとしたい人ときちんとすればいいじゃん」と切り替えることが、苦しまずに済む一番の解決方法だと思っていた。

それが間違えだったと気がついたのは、つい最近になってから。もう31なのに、みっともな。。。

考えることが面倒くさい

私は昔から、わからないことはすぐに人に聞いていた。「これってどういう意味だろう?」と思っても絶対に自分で調べなかったのは、人に聞く方が楽だったから。

思い返してみると、よく色んな人から「自分で調べなよ」と言われていた気がする。自分で調べないからすぐに忘れるし、情報として自分の中に蓄積されていかないので、発言もどこか薄っぺらい。

そもそも「何でだろう?」という疑問すら持たずに生きてきたので、「調べよう」というアクションすらない。だから、人と会話をしていても自分なりの考えとかが一切なく、「そうですね」とか生産性のない切り返ししかできない。

占い師で解決した気になる

そんな私が次にとった行動は、占い師に相談するというゴミみたいな方法。嫌なことがあると占い師に電話をして話を聞いてもらうだけで、何となく気持ちはすっきりする。

けど、原因と向き合っているわけではないから根本的な解決になっていない。だから結局、また同じことの繰り返し。

それでまた叱られて電話をかけて借金が溜まるという負のループに陥っていた。今思えば、何であんなくだらないことにお金を使っていたんだろうと不思議に思う。

人に相談したって、自分自身が問題とちゃんと向き合わなければ何も変わらないのに。

自分がどう思うかじゃなくて相手がどう思うか

ある日、友達が待ち合わせ時間よりも早く私のマンションにやってきた。けど、私は別の場所にいたから「寒いから、近くのファミレスで待っててもらってもいいかな?あと@@分くらいでは着けると思うんだけど、待たせてごめんね」と伝えた。

すると相手は「大丈夫。外で待ってるね」と言う。いやいやいや。早く着たのはそっちやないかい。何で私が気をつかわないといけないんじゃい。

ただでさえ早く着た友人を待たせたことに申し訳ないと感じているのに、ここから家まであと@@分かかるのに気をつかっちゃうじゃん。。。

そして思う。私は今までこういうことをしていたんだなと。自分がいくら平気だったとしても、「お腹空いてるからなにか食べてるねー」とか「その辺のカフェでコーヒー飲んでるから大丈夫だよー」とか、相手に変な気をつかわせないようにしようという配慮が一切なかった。自分さえよければそれでいいと思っていた。

もしかしたら仕事かもしれない。買い物の途中かもしれない。相手の状況を一切考えず、「家にいない相手が悪い」という傲慢な気持ちが「大丈夫。外で待ってる」という言葉につながるのかもしれない。

自分が大丈夫かどうかではなく、相手が大丈夫かどうか、どう思うかの方がよっぽど大事なのではないか。。。何で今まで、そんな当たり前のことに気がつかなったんだろう。

この一件以来、自分のことよりも相手のことを考えようと強く意識するようになった。それができているのかどうかもまた、相手が決めることなのだけれど。

嫌いで当たり前だよなぁ。

今までは「お前のこと超嫌い」「大嫌い」「キモい」「みんなお前のこと嫌い」と言われると「何でそんなことを言うんだろう」と悲しい気持ちになっていたけど、「そりゃそうだよなぁ。でも、これ以上嫌われないように気をつけよう」と思えるようになったのは、これまでのメンヘラくそ女だった自分からは考えられないことだと思う。

家に帰った時にふと思い出して泣くこともあるけど、それは決して後ろ向きな涙ではないことは確か。

それに、いくら「嫌い」とか「キモい」と言われたとしても、その人だからついていきたい、一緒に頑張りたいと思う。だからこそ、せめて相手が気持ちよくいられるように明るくいたい。

もし逆の立場で考えたとき、何か言う度に落ち込んだり、不機嫌な態度をされたら一緒にいて疲れるから、できるだけ相手には気持ちよくいて欲しいなと思う。

嗚咽しながら目の前で泣くこともあるけど。。。成長速度が遅すぎて、がっかりさせてばかりで本当に申し訳ないなと思うけど、その人のために頑張りたいからこれからも見ていてほしいなと思う。