Meganedia

ライターのブログ

コールドリーディングはもう引っかからないと決めた

詐欺師やマジシャン、占い師がよく使うコールドリーディング

私は以前占いにハマっていて、何か嫌なことがあると占い師に相談していた。人は、嫌なことや悩み事を人に聞いてもらうだけで、なんとなく心のモヤモヤが晴れてスッキリする。

しかも、「あなたはすごく優しい人じゃない?人が困ってるとすごく親身になってあげるでしょ?」とか言われると、「あぁ、この人は私のことをわかってくれてるんだ」と錯覚してしまう。

これこそが、占い師にハマってしまう原因なのだろう。それに、占い師に相談をしたからといって、今抱えている問題が解決するわけではない。

要は、「うん、うん、そうですね」と話を聞いてくれる人が欲しかっただけなのだ。

曖昧な質問を投げかけて誘導するコールドリーディング

「あなたの家の近くに商店街ありませんでしたっけ?」

「あなたはすごく優しい人です。けど、まわりの人に気を遣いすぎて疲れてしまう部分もある」など曖昧な聞き方をしたり対極的な質問を投げかけて、相手を誘導する。

そうすると人は「この人なんでこんなに私のことわかってくれてるんだろう」「この人すごい」と相手を信頼する。

こうしたコールドリーディングという心理テクニックによって、相手を操ることができるようになるのである。

これは、仕事や恋愛でも応用できる。ということをあるドラマを見ていて思いました。今までこんな手法に騙されていたなんて、なのでこの先も絶対に占いはやりません。