Meganedia

ライターのブログ

不倫は単なる不倫なのか?それとも純愛なのか?

不倫という名の無法地帯

f:id:meganedia:20170328135149j:plain

テレビや雑誌で取り沙汰されている、度重なる芸能人たちの不倫問題。

そうした不倫報道を観ては、「不倫なんてする奴の気が知れない」「不倫なんて人として最低な行為」「自分は絶対にそんなことするわけがない」そんな風に思っていた。

 

しかし、気づけばその不倫に片足を突っ込んでいた。むしろ、どっぷりはまっていたかもしれない。そこに至った詳しい経緯については割愛します。

 

恋は盲目とはよく言ったもので、私にとって既婚者男性との不倫はまさに恋だった。ひょんなことから意気投合しホテルで一夜を過ごしてからは、月に1度、多い時には毎週会ってセックスをしていた。

 

割り切った関係で続けていけばいいと思っていたし、それ以上の何かを求めようとも思っていなかった。その時は。

疑似恋愛を楽しんでいるだけ

相手が妻帯者であることを知っていながら、あれほどまでに軽蔑していた不倫に足を踏み入れてしまったのはなぜか。

 

それはきっと、刺激的な気分を味わえたからなのかもしれない。長らく恋愛から遠ざかっていた私にとって不倫とは、じつに刺激的だった。

 

好きになってはいけない、誰にもこの関係を知られてはいけない、そうしたリスクがあるからこそ、余計に好きな気持ちが強くなるのかもしれない。

 

人間とは不思議なもので、ダメと言われると欲しくなる。反対にあげると言われると、いらなくなる。不倫はまさに前者のケース。

 

手が届かないものだからこそ、何としてでもどんな手を使ってでも手に入れたくなる。

 

これこそが、不倫の最大の落とし穴なのかもしれない。

本気とは何か?

私にとっては恋でも、不倫相手にとっては単なる遊びだったと思う。

 

既婚男性は不倫相手の女性に対し「もっと早く出会えれば良かった」「離婚したら一緒になろう」「○○と結婚したい」などと、今後の二人の未来をほのめかすような、本気を匂わせるようなセリフを吐く。

 

本気で相手を好きになっていた私は、相手が何気なく放つこれらの言葉を真に受け、それを本気だと勘違いしていた。

 

不倫する男性というのは大概、「家庭がうまくいっていない」「嫁との関係は完全に冷え切っている」「子供がいなかったら離婚している」などと、伴侶との間にもうは愛はない的な発言をする。

 

実際に私の場合はそうだった。当時の不倫相手は「嫁とは○カ月もセックスレス」「束縛が激しくて鬱陶しい」「一緒にいると気が滅入る」などと家庭崩壊寸前的な含みをもたせたことばかり言っていた。

 

つまり、不倫をする男性は、少なからず一人の男性として見られたい、家庭では得られない癒しをどこか別の場所に求めているのかもしれない。

先行き不透明な不倫関係

お互いに割り切った関係。家庭のことに口出しはしないし、今以上の関係を求めることなど絶対にない。ありえない。そう思っていたはずなのに、わかっていたはずなのに、気づけばどんどん好きになっていた。

 

月に1度では物足りず、週に1度ご飯を食べに行き、顔を見られるだけで素直に嬉しかったし、自分こそが彼にふさわしい人材だと感じるようになっていた。

 

もちろんそれは、彼からの「嫁も子供も捨てて○○と結婚したい」という言葉を信じて疑わなかったからだ。今考えるとそんな虫のいい話があるわけないし、そんな軽はずみな言葉を信じていた自分のバカさ加減に心底呆れてしまう。

 

「結婚したい」と言ったかと思えば、「付き合えることはない」などと支離滅裂なことを言い、繰り返される彼のこうした発言に一喜一憂し、自分に言い聞かせる。「やっぱり一緒になれることはないのだ」と。

 

当時の私は、相手に対して運命めいたものを感じていたし、いずれは一緒になれる日が来るのではないか、、、心のどこかで僅かな希望を持っていた。

 

もし本当にこれを本気の恋だと確信し、私と一緒になる覚悟があったのだとすれば、嫁とはとっくに別れているはずだ。

発言に一貫性のない相手に対して、これ以上無駄な時間をかけても最終的には自分が傷付くだけ。そう感じるようになった私は、つい先日相手に別れを切り出したのである。

始まりは終わり

家に来てからもどこか落ち着かない様子の不倫相手。明らかに様子がおかしい。そのうちに「しばらく会いに来れなくなるかも。嫁が、妊娠しちゃったんだよね、、、」と残し気味に切れ味悪く言い出した。

なるほど、なんだかんだ嫁とはラブラブだったパターン。

だったとしても「できちゃった」とはなんぞや。子供ができるメカニズムくらい、知っているのではなかろうか。

 

正直、心のどこかでこの展開が予想できていたからあまり驚きはしなかった。

ただ、このまま自分が捨てられるパターンだけはどうしても阻止したいと思い、「今日呼んだのは、もうこれで会うの最後にしたいから。このまま発展性のない不毛な関係をダラダラ続けていくつもりはない。もう終わりにしよう」と告げた。

 

これに対し相手はうんともすんとも言わず、「発展性はないよね」とだけおうむ返し。

「俺のこと飽きたの?」「あれだけかっこいいって言ってくれたのに?」「嘘だったの?」「もう興味ないの?」

 

え、、、、。

「うん、もういらない。飽きた。興味ない。手に入るのであれば全力で取りに行くけど、手に入らないものはいらない。だからもう終わり」と、精一杯の強がりを見せるしかなかった。なぜなら、もう終わりは見えていたしこの関係を続けた先に待っているのは、身も心もボロボロになった救いようのない自分。

 

本当はすごく好きだったしできることなら一緒にいたかったけど、それを伝えたところで嫁と離婚するわけでも、私と添い遂げるわけでもない。なんの保証もない。

 

プライドが高い私は、ただただ自分が惨めになるのが嫌で、自分の気持ちを悟られるのが嫌で、ひたすらうその言葉を口から垂れ流した。

 

「本当、ドライな女だね」

 

全然女心を分かってない。こちらがどれだけ心を鬼にして好きな相手への気持ちを振り払い、後腐れなく別れられる環境を提供しようと必死になっているのか、全然分かってない。

 

何なんだこいつは。そんなんだから、「別れるなら飛び降りる」とか言い出す、メンヘラクソ女みたいな嫁に引っかかるのではなかろうか。

 

むしろ、そんなクソな嫁にハンドルを握られているのに、外ではすました顔してできる感を漂わせ、家に帰れば嫁の機嫌をとり、普通にやることやってるんだって想像したら、肋骨をバキバキに折って息の根をとめてやろうかと思った。

 

不倫相手は意外と女々しい部分がいっぱいあり、それは最後の別れ際で顕著に現れた。

 

「じゃあ帰ろうかな(相手)」

「分かった(私)」

「えぇ何で、ひどい(相手)」

え、、、、?

 

挙句の果てには「別の男の人とやるの?」とか云い出す始末。この先私がどんな男性と出会い、どんな関係を持とうが彼には関係ない。嫁とうまくいっていないと言いながら、実はちゃっかり子作りに励んでいたのに、よくそんなことが言えたものだ。

 

「何か仕事で手伝えることがあれば連絡して」と言い出す場面も。連絡をとる理由がないし、またいつか落ち着いたらこの関係を復活させようとでも思っているのだろうか。

なんて、、、なんて自分勝手な男なんだ、、、。

 

とは思っても、一度は本気で好きになった相手。そんな簡単に割り切れるわけもなく、思い出すたびに辛くはなる。けれど、前に進まなければならない。彼の痕跡は跡形も残らず削除した。もう二度と、連絡をとることも会うこともない。

 

そしてこの時私は、私を選ばなかったことを後悔する日が来るくらい、立派な女性に、立派なライターになる。そう固く心に誓った。

 なぜ不倫はこんなにも辛いのか

普通の恋人同士であっても、価値観の違いやどちらかの浮気、すれ違いなど様々なことが原因で破局という悲しいパターンを迎える場合がある。

 

その原因が嘘であろうが真実であろうが、ある程度は諦めがつく。

 

しかし、不倫の場合は違う。もし本気で好きになったとしても、絶対にゴールなどない。中には、そのまま一生添い遂げる人たちもいるだろう。そんなの奇跡でも起こらない限り、あり得ない。それこそ、出逢うべくして出逢った運命の出逢いだと言える。

 

結ばれる保障もない、むしろ嫁にバレたら、周囲にバレたら関係はすぐに崩壊する。

 

ゴールがない、お互い好きなのに報われることはない。これこそが、不倫が辛いと言われている所以なのだと思う。

不倫の先にあるものとは

いざ終わりを迎えてみると、意外とあっけないものだ。それに、意外と女々しいクソ野郎だった。恐らく、それこそが相手の真の姿なのではないだろうか。

嫌だ嫌だと言いつつも、嫁と子供を捨てる覚悟もなければ、不倫相手と一緒になる勇気もない。

家庭にないものを不倫相手に求め、不倫相手にないものを家庭に求める。

 

嫁との関係を続けつつも不倫相手とも良好な関係をキープしていたい。そんな都合のいい話、この世には存在しない。もしあるのだとしたら、それは不倫相手の中にのみ存在する。

 

不倫を続けた末に待っているもの、それは残酷な現実だけ。不倫は幻想だ。

 

前に誰かがこんなことを言っていた。「昔真面目だった人ほど、歳をとってから女に手を出す。反対に昔遊んできた人は、そこらの女に簡単に手をださないし見向きもしない」と。

 

確かにその通りだ。元不倫相手は学生時代相当真面目だったようで、今の嫁がはじめての相手だったらしい。

 

酔った勢いで一晩を過ごし翌日「責任とれ」と交際を迫られあえなく受け入れる。別れを切り出す度に「別れるなら死ぬ!」と叫びながらベランダや階段から自殺未遂を繰り返していたようだ。

 

そんな女に引っ張られて別れを切り出せないまま、できちゃった結婚をし、メンヘラな嫁は現在妊娠中という状況。

 

人生とは、結婚とは、愛とは、幸せとは、自立とは一体、、、?

不倫は幻想

人生初の不倫を経験し唯一得たものがある。それは、理性をコントロールする力。

 

好きになってはいけない、本気になってはいけない、家庭のことに口出ししてはいけない、予定を確認してはいけない、連絡をしてはいけない、好きな気持ちを伝てはいけない、会いたいと言ってはいけない、、、など。

 

常に相手の状況を考慮し、置かれた立場を考えて行動する。何かと制約が多い不倫においては、いかに自分の理性をコントロールできるかどうか、というか力が試される。そして、そのコントロールする力が身につくだけではなく、スキルとして積み上げられていく。

 

世間的には許されない行為である不倫は実は、普通の恋愛よりもずっとずっと、純愛に近いのかもしれない。