読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meganedia

ライターのブログ

部屋の大掃除中に数年前の自分と再会

干物女“的”な生活スタイル

会社勤めをしていた数年前までの私は、休日ともなれば家から一歩も外に出ず、ゴロゴロゴロゴロ。ご飯を食べてはゴロゴロゴロゴロ。

ホイップクリームたっぷりのパンを食べながら、ゴロゴロゴロゴロ。しかも部屋着は、中学時代に所属していた陸上部のジャージ。

起き上がらなくても寝たまま全てが完結できるよう、右側にリモコン、ティッシュ、左側に携帯とコロコロ。

ゴミ箱は足元ですね。ゴミが入ればラッキー、入らなかったらそのまま放置プレイ。

こうした時間にこの上ない幸せを感じ、干物女“的”な雰囲気を醸し出した自堕落な生活を送っていました。

そんなズボラな私にも、心がときめく瞬間がありました(当時は)。

コンサートに数十万円もつぎ込む気狂い

f:id:meganedia:20170321164233j:plain

 

主に外タレアーティストのコンサートですね。来日情報を裏ルートから入手し、チケットの発売日を下調べします。

裏ルートというのは、記者やカメラマン、プロモーターと仲が良い追っかけ仲間、アーティストの関係者とか色々です。

詳しい話はさておき、自分が大好きなアーティストの公演チケットには、数十万単位のお金をつぎ込んでいました。

「生で観られて歌声を聴けるなら、席なんてどこでもいい〜」とかそういう甘っちょろい考え、有りえない。

どうせ観るなら高いお金を払ってでも、できるだけメインステージに近い席から観たい。

f:id:meganedia:20170321172959j:plain

ギターピック、ドラムスティック、セットリスト、ツアーTシャツとか色々な物体が、ステージから客席に飛んできます。一番成功率が高いのは、ギターピックですね。

ちなみに私の場合、自分の足元に落ちたピックはすぐさま靴でホールド。そうすれば、誰の手にも渡らない。この戦法で、百戦錬磨です。

コンサート会場で出くわした奇跡の数々

f:id:meganedia:20170321170331j:plain

アーティストやプロモーターの意向にもよりますが、運が良ければステージに上がれたり、公演後に行われるアフターパーティーに招待してもらえることがあるんですよね、海外だと特に。

私が一番衝撃的だったのは、一般購入では入手困難な良席をゲットできること。

「Pit」と言って、メインステージと花道の間に設置されたエリアが存在します。規模によってない場合もありますが。

このPit、どの良席よりも至近距離からステージを観られる最高の場所です。

ちょっとここで自慢させてください、私は過去に4回、このPitに招待された経験があります。一番多かったのが、Taylor Swiftですね。でも肝心のリストバンドがどっかいった、、、、。この話はまた今度、、、。

写真撮りまくり

日本公演は写真撮影NGだけど、海外公演は撮りまくり、踊りまくりのやりたい放題。

f:id:meganedia:20170321175230j:plain

Mick Jagger×Taylor Swiftとか、、、

f:id:meganedia:20170321175302j:plain

Taylor Swiftとか、、、

f:id:meganedia:20170321175331j:plain

Mick Jaggerとか、、、

f:id:meganedia:20170321175641j:plain

Katy Perryとか。これらの写真は、モッシュに揉まれながら必死で撮影しました。特に最後のKaty Perry

アジア圏のモッシュはまあひどいもんです。身体中あざだらけになるわ、バッグのチェーンはちぎれるわで、色々な部分がボロボロ。

三十路のババアにはキツイわぁ。

追っかけもしてた

f:id:meganedia:20170321171811j:plain

引きこもりの私でも、自分が好きなアーティストの来日となると豹変します。早朝から空港へ行く、もしくは滞在予定のホテルに先回りして茂みで待機。

数人で行動する場合は、空港部隊、ホテル部隊と複数に分かれ、スマホで現場の様子を逐一報告していました。多分、仕事の報連相よりもマメだったような、、、。

別の部隊から連絡が入るまで、こちらは握り飯と緑茶を胃袋にぶち込み、いつ何が起きても良いようフットワークは常に軽い状態。これが、追っかけの鉄則です。

夏場はいいけど、冬の寒空の下何時間も待つのは本当に辛かった、、、。

f:id:meganedia:20170321173231j:plain

そうやって色んな苦しみに耐えた者だけが、直筆サインや2ショットという褒美にありつける。

f:id:meganedia:20170321173637j:plain

どんなに空腹でも、どんなに寒くても、どれだけ高熱が出ても頑張れる。それが今の仕事にも繋がってる、、、とか言いたいけど、全然繋がってない。

久しぶりに部屋の大掃除をしていたら、アクティブだった数年前の自分を発見しました、という着地です。

干物でもクソでも、何か熱狂できるものがあるとこんなに変わるんだなぁ〜人って、としみじみ。

ここ数年はコンサートに行ってもいなければ、追っかけすらしていない状況。完全に過去の栄光です。

お地蔵さん化していることは、年齢のせいなのか、ただ単に飽きたのか、それは後々考えることにします。