読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meganedia

ライターのブログ

今日はどれ履く?Tバック愛好家が厳選したおすすめTバック20選!

 

あなたを解放してくれるもの、それがTバック

VICTORIA'S SECRET ヴィクトリアシークレット/ビクトリアシークレット VERY SEXY レース&メッシュ チーキー パンティー ( DL3-Black ) サイズ:S [並行輸入品]

どうもはじめまして。

来る日も来る日も、新鮮な細長いものばかりを食べて生きているツル子です。

 

今日から毎日(いや、もしかしたら2日に1回になるかも、、、)、疑問に思うことや興味があること、くだらないこととか色々、体臭に悩む相方とともに、粛々と書いていこうと思います。

 

その記念すべき第一弾がTバックということに関して弁解させていただくと、これは他ならぬ私渡辺がTバック愛好家だから。

 

エロい、魅惑的、色っぽいとか色々やらしいイメージはありますよね。当の私はと言うと、髪の毛ボサボサ、洋服は毛玉だらけ、家ではジャージ姿。

エロ要素とはかけ離れた感じです。

 

上京したての10年前、私はデカパン族でした。

「布の面積が少ないTバックを履くなんてふしだらだ」くらいに思っていました。

それが今となっちゃこうして記事にするくらいまでの愛好家ぶりを発揮しているんだから、人生何が起こるかわかりません。

 

私の話はさておき、本題に入ります。

Tバックの魅力

まずはなんと言っても、パンティラインが見えないこと。男性の中にはラインを見て想像力を膨らませている人も多いと思いますが、私に言わせれば全然美しくありません。

 

Tバックは、蒸れにくくて開放感が尋常じゃない。一度履いたら、もうTバック以外は身につけられない。これは本当です。

 

友達同士の会話で「え、ボクサーパンツ履いてるの!?」「TバックにしなよTバック〜」って言う優越感も最高なんですよね。

 

普段男勝りな感じの女性が、脱いだら実はTバックを履いていた、、、!なんていうギャップで、夜の営みも盛り上がることでしょう。

 

それでは、私の味方でもあり、人生の相棒でもあり、世の女性たちの本性をさらけ出してくれる、一押しTバック20選を紹介します。

色んなTバック20選

 Victoria's Secret

 「Victoria's Secret(ヴィクトリアズ・シークレット)」は私が愛してやまないブランドです。エロさと可愛さの両方を満たしていると言うか、履いているだけでそれっぽい感じの雰囲気になるんですよね。海外に行ったら、絶対まとめ買いします。

 

Tバックビギナーの入り口として、一番オーソドックスなソングタイプ。色や素材が豊富で、腰骨ラインに当たる部分の布面積が多めな傾向です。でもこれだとTバックを履いている!とは言い難いかな、、、。

 

先ほどと同じソングです。バックにリボンがついているので、セクシーというより可愛い系。ロリ系が好きな男性なら、喜んでお尻にかぶりつくでしょうね。

 

これはタンガという種類。引きちぎれるのを防ぐためでしょうか。バックスタイルが、細めと太めの2重構造になっているタイプですね。

 

これまた大胆なGストリング。もはやパンツの機能をなしていませんね。紐が2本では足りずさらに強度を増したのか、3重構造になっています。ただ、バックの紐が容赦なく食い込んできますので、覚悟して履いてください。

 

こちらは上の色違い。ブラックよりもヘルシーな印象です。上げパン癖のある人は、Tバックの紐ががっつり見えてしまうことが多々あるので、お気をつけください。実際、私がそれです。

[rakuten:victoriastores:10000428:detail]

完全なる紐パンのGストリング。 色合いのせいか、肌と一体化しすぎてどこからがTバックで、どこがお尻なのか見分けがつきません。でもそれが、男性の性欲を掻き立てるのかも。

Tバックに抵抗がある人は、これからスタートしてみてはどうでしょうか?腰骨をしっかりホールドしてくれそうな、頼り甲斐のあるゴムバンド風デザインです。

Tバックなのに、全然エロスを感じさせないスポーティーなタイプですね。仕事でパンツスタイルが多い人は、絶対これを履いた方がいいです。だって、下着のラインが丸見えって美しくない、、、。

オール黒レース、しかもスッケスケ。男性が好きそうなデザインです。ご覧の通り本当にスケスケなので、下の毛は全剃りもしくは永久脱毛を推奨します。

 バックにフリルレースがあしらわれた、これまた上品なTバック。深めのパープルという色合いが、なんだか魅惑的な雰囲気を醸し出しています。

健康的すぎて、もはやこれ1枚だけで外出できるんじゃないかレベル。私個人の意見を言えば、ベッドインする時はこれじゃない方がいいかな。

後ろが三角ベースになっている、トライアングルバックタイプ。ソングタイプに尻慣レしてきたら、すぐさまこのタイプへ移行しましょう。

フロント部分の三角ベースが極小、しかもバックの三角ベースがお尻の間に食い込むインパクト大のデザインです。ネオンカラーで、フロントの三角ベースを隠している感じがたまりませんね。

遂にTバックで、紐とハートのコラボレーションが実現。カラーはブラック、パープル、ライトピンクがあります。天気が悪い日でも速攻で乾きそう。

フリッフリな感じが好きな男性、もしくはお尻丸出しスタイルに抵抗がある女性はこのくらいがちょうどいいかもしれないですね。ちゃんと洗濯ネットに入れないと、フリルの糸がほつれて残念な感じになりそう。

かなり過激且つ刺激的なビジュアルです。見たところ、履いたままことに及べる構造をしている様子。もはやTバックの定義が、、、。

こちらも、かなりのエロ要素が盛り込まれたスタイルですね。フロントのトライアングル部分が大きいので、剛毛の方でも安心かも。

フロント部分の紐(ゴム)がクロスされたデザインのGストリング。バックスタイルは見事にIラインにフィットしています。一人暮らしの女性は室内干ししてください。

 マイクロファイバーだから、肌触り、履き心地が滑らかです。洗濯ネットに入れないと、毛玉まみれになるので注意が必要。

数あるTバックの中でも、比較的ホールド力に優れたタンガです。カラーバリエーションは13色!全色買い揃えれば、もし仮に1週間洗濯物が溜まってもパンツ難民の心配がありませんね!

 

私の場合は、、、

知りたくない人がほとんどでしょうが、私のTバックコレクションの一部をご紹介させていただきます。

f:id:meganedia:20170320113750j:plain

ネオンカラーしかない、しかも全部微妙、、、。先ほどまで散々「男性は〜、、、」とか偉そうに語っていましたが、私のTバックは男ウケが悪いものばかり。ばかりというか、だけしかありません。

でもいいんです、結局は履いている当事者がどう感じるかだから。

それぞれ左上から時計回りに、履き心地、食い込み度合い、質感、乾く速さ、耐久性、男性ウケを5段階で評価してみます。

 

1.パープル(トライアングルバック)

履き心地★★★☆☆

食い込み度合い★★★★☆

質感★★☆☆☆

乾く速さ★★★★★

耐久性★★☆☆☆

男性ウケ★★★★☆

 

2.ライムミント(ソング)

履き心地★☆☆☆☆

食い込み度合い★☆☆☆☆

質感★★☆☆☆

乾く速さ★★★☆☆

耐久性★☆☆☆☆

男性ウケ★★☆☆☆

 

3.蛍光ピンク(ソング)

履き心地★☆☆☆☆

食い込み度合い★☆☆☆☆

質感★★★☆☆

乾く速さ★★★☆☆

耐久性★☆☆☆☆

男性ウケ★★☆☆☆

 

4.レッド(ソング)

履き心地★☆☆☆☆

食い込み度合い★☆☆☆☆

質感★★★☆☆

乾く速さ★★★☆☆

耐久性★☆☆☆☆

男性ウケ★☆☆☆☆

 

4.ピンク(トライアングルバック)

履き心地★★★★☆

食い込み度合い★★★★★

質感★★★☆☆

乾く速さ★★★★★

耐久性★★★☆☆

男性ウケ★★☆☆☆

 

1.ブルー(タンガ)

履き心地★★☆☆☆

食い込み度合い★★☆☆☆

質感★★★★☆

乾く速さ★★☆☆☆

耐久性★★☆☆☆

男性ウケ☆☆☆☆☆

 

今まではなんとなくで選んでたけど、こうして文字に起こしてみると、まあ男性ウケが悪いこと。次はどんなTバックを買おうかしら。

 

たかがTバック、されどTバック

後半は過激なGストリング攻めになってしまいましたが、Tバックは多大な可能性を秘めています。

女性らしさを高めてくれるだけでなく、あなたの履き方次第で使い道は無限大。

仲良くなった男性に、「あ、私Tバック派ですよ」とサラッと言っただけで、大概の男性は前のめりな感じになります。

そのくらい、男性のTバックへの好奇心は高いのでしょう。Tバックで、人生をより豊かに、、、。